電子マネー対応クレジットカードのすすめ

2017/05/12 13:00:00



■交通系や流通系の電子マネーについて


クレジットカードを発行している会社は日本だけでも複数存在していますが、その中でも便利で申し込みをする人たちが多いと言われているのが電子マネーに対応しているクレジットカードです。

電子マネーとは、電子的なデータのやり取りによって決済を行う支払方法になります。レジなどに置いてある端末に、カードを触れさせるだけで支払いを完了させることができるので手間がかかりませんし、現金を出す必要もなくスピーディな対応が可能なので、様々な場面で活躍しています。

便利だという理由から利用者が急増してきていますが、申し込みをするにあたり、電子マネーにも種類があることは知っておく必要があります。
場所や場面によって使用することができるものとできないものがあり、選び方を間違えてしまうと便利に使用することができません。

電子マネーを大まかに分けると流通系と交通系の2種類が存在していますので、選ぶときに悩まないためにも2つの種類について説明をします。

まず、流通系についてです。
流通系はコンビニや量販店などで利用可能なところが多くなっています。
例えば、コンビニをよく利用するという場合には、流通系のカードを持っていると便利です。
また、加盟店が多く、利用するたびにポイントも貯まるため、現金で支払うよりもお得なサービスになっています。

中でも人気が高いのが楽天Edyです。
クレジットチャージすることでコンビニや対応している店舗で商品を購入することができます。
専用の通販サイトがあり、通販での買い物をよくする人は、ポイントを楽天Edyに交換することも可能なため、便利です。
その他にも、流通系にはWAONやセブン&アイのnanacoなどの種類が存在しています。

続いて、交通系についてです。
これは、電子端末にかざすだけで運賃の支払いを行うことができる便利な機能です。有名なものにSuicaがあり、最近ではクレジットカードに、この機能が搭載されているものもあります。
基本的にSuicaがあれば電車はもちろんバスも電子端末にかざすだけで手間なく利用することができます。

従来は電車に乗るたびに切符を購入しなければなりませんでしたが、Suicaなどがあることによって切符を購入することも少なくなりました。
特に都心部では電車などを利用する人が多く、スムーズな移動ができるので交通系の電子マネーを利用する人が多くなっています。


■電子マネーに対応しているクレジットカードのメリットについて


クレジットカードを申し込む際には、数多くある中から一つを選ぶことになりますが、その中でも近年では電子マネーの機能が付いているタイプを選ぶ人が多くなっています。
理由は様々なメリットがあるからですが、実際に選ぶときに参考にしたいと思っている方のためにここではいくつかメリットを紹介します。

まず1つ目は、支払いが簡単だということです。
例えばクレジットカードの機能だけの場合、コンビニで支払いを行うとサインが必要であったり、暗証番号の入力が必要であったりするので、少し不便に思うこともあるでしょう。
しかし電子マネーなら暗証番号の必要はなく、電子端末にかざすだけなのでどの方法よりも早く決済することができます。

続いて2つ目は、チャージした金額しか使用することができないので、安心感があります。基本的に電子マネーを使用可能にするためには、現金をチャージしなければなりません。クレジットカードに機能が付帯しているものでも、クレジットチャージすることでその機能を使うことができるようになります。クレジットカードのように限度額まで最大限に使うことはできませんが、入金した金額しか利用することができないので使いすぎ防止になります。
安心感があることから、この機能が付いたクレジットカードを選ぶ人が増えています。

いくつかメリットを紹介しましたが、他にも便利なポイントはあります。
魅力的に感じた人は電子マネーに対応しているクレジットカードを選んでみてはいかがでしょうか。


■チャージが面倒な人でも安心!オートチャージ機能を利用しよう


電子マネーは残高が不足するとチャージしなければならないので、面倒に感じている人もいるのではないでしょうか。中には利用をやめてしまう人がいますが、こういった方でも面倒に思わずに利用することができるのがオートチャージ機能です。オートチャージ機能を使用すれば、残高が不足する度にチャージしなければならないという悩みを解決することができます。

そもそも電子マネーは、チャージに上限があります。
それを超えてチャージをすることができないので、定期的にチャージをする必要がありますが、オートチャージなら残高がなくなったら必要な金額を自動的にチャージしてくれるので、わざわざチャージする必要はありません。残高の不足を気にせずに利用することができるので魅力的です。


-------------------------------------------------
  ↓↓ 詳細・お申込はこちら ↓↓

WAON(ワオン)機能付き 
http://www.ccnavi.net/waon.asp

nanaco(ナナコ)機能付き
http://www.ccnavi.net/nanaco.asp

suica(スイカ)にチャージできるクレジットカード
http://www.ccnavi.net/suica_charge.asp

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード