三井住友カード、サークルK/サンクス全店舗に後払い電子マネー「iD」を導入

2008/03/27 22:50:17
 株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:中村 元彦、以下サークルKサンクス)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:月原 紘一、以下三井住友カード)と提携し、NTTドコモが推進する、おサイフケータイ(R)を活用した後払い電子マネー「iD(TM)(アイディ)」の取扱いを、2008年4月14日(月曜)よりサークルK/サンクス全店の6,138店舗(サークルK2,957店、サンクス3,181店、2008年2月末現在)で開始いたします。

 「iD」は、おサイフケータイまたは「iD」搭載のクレジットカードを専用の読み取り端末にかざすだけでサインすることなくスピーディーに買い物ができる決済サービスです。小銭を出し入れする煩わしさがなく、お支払いもポストペイ(後払い)方式なので、事前の現金チャージを行う必要がありません。

 サークルKサンクスでは、これまでもプリペイド(前払い)方式の電子マネー「Edy」やポストペイ(後払い)方式の「QUICPay」・「Visa Touch(Smartplus)」の導入を進めてまいりました。今回の「iD」導入により、計5規格の電子決済サービスがサークルK/サンクスの全店舗でご利用いただくことが可能となります。これにより、全国のお客様の利便性がさらに向上し、支払い時のレジでの混雑を緩和できると見込んでおります。

 なお、全国のサークルK/サンクスでの「iD」の取扱い開始を記念して、『サークルK・サンクスでiDはじまる。』キャンペーンを、4月14日~6月30日(78日間)の期間実施いたします。キャンペーン期間中、サークルK/サンクスでのお会計時に、「iD」を規定金額ご利用いただくと、抽選で合計500名様に「dancyu」グルメギフトカタログをプレゼントいたします。


※ “Edy(エディ)”は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
※ 「QUICPay」は、JCB、トヨタファイナンスなどが推進している「モバイル決済推進協議会」の推奨スキームです。
※ 「Visa Touch」は、ビザ・インターナショナルが日本で展開している非接触決済サービスです。
※ 「Smartplus」は、三菱UFJニコスの非接触決済サービスです。
※ 「iD」「おサイフケータイ」「FOMA/フォーマ」は、NTTドコモの登録商標または商標です。

以上、2008/03/18ニュースリリースより
http://www.smbc-card.com/mem/company/news/news0000617.jsp

機能・目的・タイプ別に比較

新着クレジットカード